空色博物館 Sky Museum 三重県は津市とその近郊で撮影した“空”と“気象にまつわる現象”をご紹介。ありふれた空から珍しい現象までいろいろあります。管理人;yocchel

今年最後のカキコです

大晦日の空は大賑わいです。
a0030713_11105100.jpg
朝は無難に普通の夜明け。しかし…
a0030713_11104320.jpg
30分もすると左右に現実が現れて…
a0030713_11112576.jpg
右側だけ異常なくらいにデカクなって…
a0030713_1112770.jpg
煙突再登場。
a0030713_11123578.jpg
夜明けから1時間半後、太陽柱が仲間に加わり…
a0030713_11134433.jpg
さらに15分後、こんどは天頂環ですわ。
a0030713_11144510.jpg
きょうの天頂環、長時間にわたりくっきり見えていました。
a0030713_11161731.jpg
10時半ごろまで見えていたようです。
ただいま、つぎの何かの登場を期待しながら待機中。
しかし、間もなく嫁さんの実家へ向かうこととなっていてたぶんこれが今年最後のカキコとなります。
今年は、小生の戯事にお付き合いくださいりありがとうございました。2007年もよろしくお願いします。

先のカキコ以降こんなのも見られました。
不思議な雲…。美しい鈎状巻雲ですが、この雲だけ白さが際立っていますよね。この撮影の30秒ほど前まで虹色に輝いたところが確認できたのです。ディスプレイの性能次第ではうっすらと名残の色が確認できるかも…。ただ、単なる彩雲とするのは簡単なのですが実はこの雲、太陽とは反対の北の空に出ていたものです。高度としては太陽と同じようなところだったので、幻日環の一部が輝いて、移動するこの雲に出たのかもしれませんが、色付きはどう理解していいのやら…?虹がこんな雲に出るのでしょうか?
a0030713_20575147.jpg

幻日と上端接弧
a0030713_20585079.jpg

ほぼ同じ時刻(12時35分ごろ)に見られた上部ラテラルアーク?(レンズのゴーストの下にうっすら見えますよね)
a0030713_2105637.jpg

[PR]
by 89049 | 2006-12-31 11:21