空色博物館 Sky Museum 三重県は津市とその近郊で撮影した“空”と“気象にまつわる現象”をご紹介。ありふれた空から珍しい現象までいろいろあります。管理人;yocchel

つぶれた太陽

800mm望遠を使って浮島現象の撮影を試みるも、空気がよどんでいて見通しが利かず残念ながら浮島現象は見られませんでした。
しかし日の出は太陽がお饅頭のようにつぶれて見える現象を観察できました。
a0030713_9412926.jpg
もう少し前にはもっと下のほうがつぶれていたのですけど、太陽を直接撮影して新品のDVをオシャカにしては…という配慮から?シャッターチャンスを逃がしてしまったぁぁ~。
その後、気を取り直して朝日の撮影。
a0030713_9445414.jpg
a0030713_945691.jpg

かなり低いところに霧がかかっていますね。空気がよどんでいる証拠です。
a0030713_9464213.jpg

午後は幻日が見えていました…が、ちょっと分かりにくい?
a0030713_9475147.jpg

[PR]
Commented by hama-wind at 2006-11-14 22:24
新品のDV…確かにCCDが心配になるのもよくわかります。でものぼりたての朝日だからか、大丈夫だったようですね?
幻日もわかりますよ(笑)やはりこういう位置、っていうのが予測できるせいもあるんでしょうね?空で見つけるのも同じですね。
Commented by yocchel at 2006-11-15 19:59 x
「直射日光がファインダー内に入ると…ファインダーの回りが解けてしまいます」??家に帰ってきたから見つけた説明書の一文。昔のカメラのように焼付き云々という言葉は見当たりませんでした。
NDで減光すれば太陽も撮影できそうですね。
幻日にしろ、ハロにしろ腕をまっすぐに伸ばして掌を広げて親指を太陽に当てると小指の先にあたりに見ることが出来ます。
ハロや幻日を見せてくれそうな雲も慣れればすぐに判るようになりますよね。
by 89049 | 2006-11-10 07:00 | Comments(2)