人気ブログランキング |

空色博物館 Sky Museum 三重県は津市とその近郊で撮影した“空”と“気象にまつわる現象”をご紹介。ありふれた空から珍しい現象までいろいろあります。管理人;yocchel

2019/04/07 今季3回目の上位蜃気楼観察

まだ始まったばかりですが、今季最大の変化です。
ただ、折からの視程不良で非常に分かりにくかったのが残念。

まずは、伊勢湾へリポート付近から明和町の海岸付近の様子。
この光景は初めてです。
白砂青松の海岸線が続くのですけど、松の高さや堤防、消波ブロックが刻々と変化してました。

14:05
a0030713_08390059.jpg
14:09
a0030713_08395005.jpg
明和町の海岸よりもその奥の伊勢市の海岸の変化が興味深いですね。

続いては鈴鹿市街地方面の様子。

画面中央付近のマンションの変化が分かり易いとおもいます。
a0030713_08472161.jpg
併せて、いつもの岸岡山も観察していたのですけど、こちらは目に見えた変化はなかったようです。
これもちょっと不思議なのですけど…。
a0030713_09045837.jpg
ただ、四日市方面の光景に若干の浮き上がりが見られるようです。

続いては名古屋港~セントレア方面の光景。
三重県中部の沿岸から名古屋港に停泊する外航船が見えることはあまりないので、
これが見えると上位蜃気楼の発生を疑っても間違いないと思う現象。
a0030713_09182845.jpg
a0030713_09190767.jpg
a0030713_09203557.jpg
a0030713_09205961.jpg
a0030713_09215000.jpg
セントレアの変化は伸びはさほどでもないものの、最後の画像(15:25撮影)では海面蜃気楼も見られます。
動画で撮りたかったけど、小生の機材と腕では如何ともし難いくらいの視程不良で、断念しました。
a0030713_09243130.jpg
a0030713_09245153.jpg
a0030713_09252447.jpg

最後に対岸の知多半島(内海・南知多)方面
予想を裏切ることなく高層ビル群が出現しました。
下の画像では正転と反転を繰り返しているように見えますが…?
a0030713_09321799.jpg
a0030713_09340881.jpg
知多半島の沖の伊勢湾航路を往く自動車運搬船の様子。
a0030713_09392308.jpg
a0030713_09393363.jpg
a0030713_09394815.jpg
a0030713_09400884.jpg
写っているのはすべて同じ船(トヨフジ海運)の船です。
白と青のツートンカラーでイルカのロゴ入り。
白い部分の幅が蜃気楼で変化して非常に分かりやすいので有り難い船です。

なんとも視程不良が恨めしい一日でしたが、これから7月までの間にどんな光景が見られるのでしょうね。

今回は蜃気楼の部分だけをアップすることなく、デジイチのズーム250ミリで見られる画角をノートリミングでアップしてみました。
上位蜃気楼って狭い範囲の変化であることがわかると思いますが、興味を持たれた方はぜひ海岸線に出て探してみてください。















by 89049 | 2019-05-01 09:50 | 蜃気楼 | Comments(0)